【静岡県富士山世界遺産センター】富士宮にある世界文化遺産「富士山」の拠点施設。富士ヒノキを使った富士山の演出に感動‼~静岡おすすめスポット~

  • 2020年12月31日
  • 2020年12月31日
  • 富士



静岡県富士山世界遺産センターって?

静岡県富士宮市、富士信仰の中心地である富士山本宮浅間大社の傍にある「静岡県富士山世界遺産センター」
2013年にユネスコ世界文化遺産に登録された「富士山ー信仰の対象と芸術の源泉」を保護・保存・整備・富士山の価値を後世に伝えるための拠点施設です。

富士山世界遺産センターでは、「永く守る」・「楽しく伝える」・「広く交わる」・「深く究める」の4つの柱を持ち、富士山に関するあらゆる情報を扱い情報を発信しています。

①「永く守る」→富士山が持つ顕著な普遍的価値を次世代に継承
②「楽しく伝える」→富士山の価値を楽しく伝える
③「広く交わる」→富士山世界遺産センターの活動を通じて、多くの人が広く交わる機会の創出
④「深く究める」→富士山の自然、歴史、文化等を深く究める学術施設

また、富士世界遺産センターの外観は、県産の富士ヒノキを使用し、見事なまでに綺麗に作られた形は、逆円錐の形をしており、その姿が目の前の水面に映ると富士山となるように設計されています。

入り口には大鳥居が建てられており、ここにも富士山本宮浅間大社と関わりが深いことが見て取れます。


▲神社越しの富士山

★館内案内
全長193mの螺旋状のスロープがあり、それぞれの階に分かれてテーマが決められていて、富士登山を疑似体験できる構造が特徴。

最上階には、実際の富士山を一望できる展望デッキが用意されています。

今回は少し雲がかかってしまっていますが、晴れた日には目の前に遮るものが無く、壮大な富士山を見ることができます。富士山の様々な歴史や景色を見て・学んだ後では、いつもと違った感覚で富士山に見入ってしまいます。

カフェやミュージアムショップも用意されているので、富士山世界遺産センター限定の富士山グッズや、溶岩アイスなど、ここにしかない富士山とのコラボ商品は必見です‼

周辺スポット

・富士山本宮浅間大社:世界文化遺産に登録されている「浅間大社」。約1300ある浅間神社の総本宮であり、富士信仰の中心地とされています。木花之佐久夜毘売命をご祭神とし、火難消除・安産・子授け・航海・漁業・農業・機織の御利益があるとされています。⇒詳しくはこちら

基本情報

静岡県富士山世界遺産センター
5
所在地

〒418-0067 静岡県富士宮市宮町5-12 

営業時間

9:00〜17:00(7、8月:9:00 ~ 18:00)※最終入館は、閉館の30分前

定休日

毎月第3火曜日、施設点検日
※祝日の場合は開館、翌日が休館
※年末年始は12月27日から1月3日まで休館(ただし、2021年の年始は1/1, 1/2, 1/3も開館)
※詳細は公式HP「休館日カレンダー」参照

入場料

大人:300円、15歳以下・70歳以上の方:無料
※詳細は公式HP参照

駐車場

専用駐車場無し
※隣接の富士宮市神田川観光駐車場(有料駐車場、静岡県富士宮市宮町345番地の20)使用


【アクセス】
◆自動車🚙でお越しの場合
・東名「富士IC」より約15

・新東名「新富士IC」より約10分
◆電車🚃でお越しの場合
・JR身延線「富士宮駅」から徒歩8分