【白糸の滝】富士宮にある静岡自慢の名瀑。国の名勝、天然記念物、世界文化遺産にも登録された絶景の滝~静岡おすすめスポット~

  • 2020年12月31日
  • 2020年12月31日
  • 富士



白糸の滝って?

静岡県富士宮市にある古くから”名瀑“としてその名を全国に轟かす白糸の滝。
・日本の滝百選
・国の名勝
・天然記念物
・「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産として世界文化遺産登録
※日本三大名瀑
にも選ばれるなど、日本を代表する滝です。

一言メモ:国の名勝、天然記念物としては、「白糸の滝」と「音止の滝」を含む周辺地全体が指定されています。滝そのものを示す場合は「白糸の滝」と表し、指定地全体を示す場合は「白糸ノ滝」と表し、区別されています。
※日本三大名瀑について
特に定説はないが、那智滝、華厳滝が入っている他、残り1つには以下の滝が挙げられる。

袋田の滝/秋保大滝/三条の滝/安倍の大滝/称名滝/白糸の滝/白水滝/布引の滝

白糸の滝は、高さ約20m、幅150m以上に渡り、崖面の各所から湧出した富士山の湧水が、白い糸を垂らしたように流れ落ちる様子から白糸の滝と呼ばれます。その量は毎秒1.5トンにもなり、大小多くの滝が流れ落ち壮大な滝を作り出しています。

古くより、見事な景色を持ち、人々を魅了してきた静岡が誇る名瀑です。
2020年11月には約3年ぶりにライトアップされ、幻想的で美しい滝を一目見ようと多くの人が訪れていました。

ちしき
見惚れてしまうほどに美しい白糸の滝は、唯一無二の絶景でした。



白糸の滝周辺地

★音止の滝
白糸の滝の隣にある音止の滝。白糸の滝とは対照的に、高さ約25mの絶壁から大量の水が一気に流れ落ちています。

▲音止の滝について(パンフレットより参照)
▲音止の滝伝説について(パンフレットより参照)

★お鬢水
白糸の滝の上にあり、通称「鬢撫水」とも呼ばれ、湧水が池となったもので、その水は白糸の滝の一部として流れ落ちています。

▲お鬢水について(パンフレットより参照)


▲お鬢水伝説について(パンフレットより参照)

基本情報

白糸の滝
5
所在地

〒418-0103 静岡県富士宮市上井出273−1

営業時間

8:30~16:30

駐車場

普通車500円(105台)
バス1000円(大型10台・マイクロ5台)
バイク200円 (10台)


【アクセス】
◆自動車🚙でお越しの場合
・富士IC、新富士ICから約30分
◆電車🚃でお越しの場合
・JR富士宮駅からバス「白糸の滝行き」約30分