【富士山本宮浅間大社】富士宮のパワースポット!桜の名所&富士山を御神体とした由緒ある神社~静岡おすすめスポット~



富士山本宮浅間大社って?

静岡県富士宮市にある世界文化遺産「富士山本宮浅間大社
約1300ある浅間神社の総本宮であり、富士山を御神体とし、富士信仰の中心地とされています。

●御祭神「木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやびめのみこと)<別名:浅間大神>」
安産、子安、水徳の神、山の神、火の神として、火難消除・安産・子授け・航海・漁業・農業・機織の御利益があるとされています。

●御神木「
桜の名所として知られる浅間大社。境内には約500本もの桜が奉納されており、春には満開の桜で境内が彩られます。

●歴代の武将からの篤い信仰
源頼朝公:流鏑馬の奉納と社殿の修復
武田信玄・勝頼親子:神領の寄進・社殿の修造・境内にあるしだれ桜の寄進(別名「信玄桜」と呼ばれる)
徳川家康公:関ヶ原の戦いに勝利した御礼として、本殿・拝殿・楼門をはじめ30余棟を造営

☞その他の浅間神社についてはこちら



境内案内

現在の地へは坂上田村麻呂が天皇の勅命を受け、山宮から遷され、社殿を築かれたとされます。富士山の湧水が豊富に流れ込む場所であり、水徳の神を祀るのに適していた為と考えられています。


▲境内マップ

●本宮社殿
徳川家康公が造営したもので、当時の建物で現存するのは本殿・幣殿・拝殿・楼門のみです。
※本殿→特別保護建造物に指定され以後国宝又は重要文化財、拝殿・幣殿→静岡県指定文化財に指定されています。

●楼門
静岡県指定文化財に指定。2020年12月に40年ぶりに楼門の漆の塗り替え作業が完了し、神々しい輝きを放っています。

●湧玉池
富士山の雪解け水が湧出している湧玉池。拝殿の隣にあり、国指定特別天然記念物に指定されています。湧水量は毎秒2.4ℓにもなり、池から神田川に流れ出し、市内を流れています。

湧玉池・神田川は「平成の名水百選」として認定されています。



祭事

●流鏑馬祭(5月)
源頼朝が流鏑馬を奉納したことが起源とされ、富士宮市無形民俗文化財に指定されている古式流鏑馬(やぶさめ)・練行・小笠原流神事流鏑馬式が行われます。

●例大祭(11月)
浅間大神に感謝を表すお祭りとされ、各地の屋台や山車が引かれ、静岡県無形民俗文化財に指定されています。
☞祭事について詳しくはこちら



基本情報

浅間大社
5
所在地

〒418-0067 静岡県富士宮市宮町1-1

駐車場

午前5時~午後7時(出庫は24時間可)
普通車:1時間200円
※参拝者のみ30分以内の出庫は無料


【アクセス】
◆自動車🚙でお越しの場合
・東名「富士IC」より約2
0分
・新東名「新富士IC」より約15分
◆電車🚃でお越しの場合
・身延線「富士宮駅」より徒歩約10分